吉岡浩太郎オフィシャルサイト

menu

Profile

プロフィール・工房

吉岡浩太郎プロフィール

吉岡浩太郎版画とは

鮮やかな色彩をふんだんに取り入れたシルクスクリーン版画 手作業による古典的な描法にこだわった制作

吉岡浩太郎版画は、鮮やかな色彩をふんだんに取り入れたシルクスクリーン版画が特徴です。現在のシルクスクリーン版画は、専用の機械により制作された作品が大半をしめるなか、現在も手作業による古典的なシルクスクリーン描法にこだわり制作されています。作品も大小あわせて200種類以上になります。生活の中の身近なアートを目指し、お手ごろな価格におさえています。

40年以上も前からインテリアアート界の第一線で活躍し、シルクスクリーン版画の第一人者として不動の地位を確立した画家です。
現在は、初代吉岡浩太郎作品に加え、二代目吉岡浩太郎(吉岡浩徳)による作品も制作されています。

制作風景

版画とは

鮮やかな色彩をふんだんに取り入れたシルクスクリーン版画
手作業による古典的な描法にこだわった制作

版画というのは、ひとつの物に、木でも石でも金属でも、それにきずをつけて、紙なり布なりに押しつけて型を残す方法のことをいうのです。 押されるものは、紙でも布でもかまいませんが、押すものによって、木で押せば木版、石で押せば石版、金属で押せば銅版とか亜鉛版とか区別します。

技法的には、凸版(木版画)凹版(エッチング)平版(リトグラフ)孔版(シルクスクリーン版画)デジタル版(ジグレ版画)に大別されます。

シルクスクリーン版画(孔版)
ジグレ版画・木版画(凸版)
エッチング(凹版)
リトグラフ(平板)

謄写版の高度なもの。四角い枠に絹地を張り、その絹の目に上からインクを通す。その時インクの通るところと通らないところを作ることによって、絵柄をあらわす版画。

現在 一番多く用いられる版画技法です。
精密機器を利用し色彩の美しさを徹底的に追及した版画技法です。
さらにシルクスクリーン版画技法を用いて、色の深みと耐光性を強めます。

木材の板目に線や面を彫っていき、残ったところが版になる。
その版面にインクをつけ紙を裏向けにのせ、ばれんでこすり絵柄を写し取る版画。 銅版の表面にうすく防腐剤を引き、その上に針で線刻した絵を描く。腐蝕液につけて、その線刻された箇所を腐蝕させる。
その後、防腐剤をふき取り、陰刻された部分にインクをぬり込み紙をおきローラーで圧力をかけ、写し取る版画。

石に特殊なインク(脂を含んだもの)を使った筆やチョークで下絵を描く。
その表面に水と油の互いにはじき合う原理を利用して行う版画。

版画
版画

吉岡浩太郎 (初代)プロフィール

1928年 山口県に生まれる
香月泰男に師事
1967年 スクリーン版画の研究を始める
1973年 絵画研修のため渡欧
1974年 セントラル画廊でスクリーン版画個展
1989年 絵画研修のため渡欧
1992年 スクリーン版画個展
1996年 日蓮宗円頓寺壁面画制作
1997年 以降毎年ピクチャーショーで新作発表
各種カレンダー、雑誌(表紙)掲載
2004年 東京絵画フェスティバル出品
2006年 ユニセフ絵葉書に決定
2007年 技術評論社「和の趣」に掲載
2008年 西京銀行2008年カレンダー採用
風水版画展開催
2009年 額縁絵画展出品
2011年 個展・グループ展開催
2016年 死去(88歳)

吉岡浩太郎 (2代目)プロフィール

1960年 山口県に生まれる。
1992年 二科展デザイン奨励賞
渡欧
1993年 二科展デザイン特選
中部二科展デザイン彩画堂賞
1995年 孔版画コンクール銅賞
二科展デザイン特選
1996年 二科展デザイン奨励賞
中部二科展外遊賞
1997年 個展
1998年 二科会デザイン部会友推挙
個展
ARTBOX大賞展入選
1999年 孔版画コンクール金賞
個展
2000年 個展
2001年 二科展デザイン会友賞
2001年 中部二科展EXPACT賞
2005年 二科会デザイン部会員推挙
愛・地球博会場にてワークショップ開催
2006年 日韓グラフィックアート展出品
2008年 中日国際交流展出品北京故宮博物院
2010年 個展グループ展開催
2013年 横濱・グッズ001横濱市長賞受賞
2014年 NBC国際版画ビエンナーレ入選
2015年 企業カレンダー(日立)採用
2017年 個展・グループ展開催
現在 岐阜県各務原市在住

工房概要

会社名 ART BOXピー感工房
FAX 058-371-9991
代表 吉岡 浩徳
創業 平成21年1月1日
定休日 土・日・祝
営業時間 9:00~17:00
主要取引先 岐阜商工信用組合
業務内容 絵画制作販売

アクセスマップ

[交通案内]
最寄り駅:名鉄各務原線「羽場駅」より徒歩11分

特定商取引法に基づく表記

販売業社 ART BOX ピー感工房
運営統括責任者 吉岡浩徳
郵便番号 〒509-0135
所在地 岐阜県各務原市鵜沼羽場町8丁目187-1
電話番号 058-384-2339
FAX番号 058-384-2339
支払方法 代金引換(佐川急便)
銀行振込
岐阜商工信用組合 那加支店
普通口座 2767609
口座名義 ART BOX P感工房
送料 一律 840円 ※北海道の方は1200円。
沖縄の方はお問合せ下さい。折り返しのメールにてご連絡致します。
その他の料金 振込手数料、代引手数料
消費税 内税
引渡し時期 注文後、3日~10日以内に発送いたします。
在庫がない場合はお届けにかかる日数をお知らせ致します。
キャンセル
について
原則としてキャンセルはお受けいたしかねます
返品について お客さまの都合により返品を希望される場合は7日以内に、当店あてに返品下さい。
送料はお客様の負担となります。ご了承下さい。
不良品いついて 商品の発送には万全の対策をしておりますが、万が一不良品などがございましたら
7日以内に当社宛に運賃着払いにて返送下さい。
新しい商品とお取替えします。
※返送の際は当社までご連絡下さい。
© ART BOX ピー感工房. All Rights Reserved.
PAGE TOP